歴史

Cognac leather sofa and Madrid coffee table in glass with black leg

Danish design since 1952

1 9 5 0 年代、デンマークの小さな田舎町で2 人の若い家具職人が始めたブ ランド、ボーコンセプト。工場は小さいけれど、生み出されたデザインは完 成されていて、丹精こめて手作りされたものです。

1952年の夏、イエンス・ジェンソンとタジェ・モル ホルムが家具工房を始めました。当時の二人に あるのは、家具製作技術と若い情熱だけでした。 注文が頻繁に入るようになり、4人の従業員を雇 い入れた彼らは「高品質なデンマーク家具を愛 用してくれるお客様層を広げる」という野望を徐 々に満たしつつありました。

多くの注文に対応しながら高水準の家具品質を 維持するには、パイオニア精神が必要でした。そ れは当時デンマークに浸透してきた産業化の波 に対して、クラフトマンシップをどのように融合 させていくか、という事でした。機械は低コスト になっていく一方で、効率性と生産精度は向上 し、彼らの巧みな投資戦略のもと、顧客を引き付 ける品質面で妥協することなく、生産性アップと コスト軽減を実現する事ができたのです。

イエンスとタジェは、世界中で賛美されているデ ンマークデザインの理念である、シンプルさや クラフトマンシップにのっとり、優雅な機能性と 上質な素材を用いて家具製作を行うことを心が けていました。こうした考え方は、ボーコンセプ トの人気製品であるチーク材の伸張式ダイニン グテーブルのスムーズな動きに反映されていま す。組み合わせるダイニングチェアは、建築家ア ルネ・ウォールのデザインによるもので、ミニマ ルな美を大切にするデンマークの機能主義が反 映されていました。

生まれながらに持っていた二人の商才がいか んなく発揮され、素晴らしい成功に結びつき、わ ずか8年後には敷地面積1300平方メートル(393 坪)の新工場に移転し、この地で会社は規模を拡 大しながら、製造メーカーから小売チェーンへと 進化していきます。小さな家具工房が、デンマー ク最大の国際的な家具ブランドへと進化を遂げ たのです。今では世界60ヶ国以上に約300店舗 を展開し、その数は現在も増え続けています。

現在、1962年に会社を設立した同じ場所に本社 を構えているのも、「先見性に優れ、伝統に根ざ す優れたデザイン」というブランドコンセプトか らです。それがイエンスとタジェの仕事に対する 向き合い方であり、ボーコンセプトはこの先ずっ とこの考えを踏襲していきます。

 
PRO1B