ワイルドな戦いと壊れた家具

‘この作品のような、体力が求められる役は久しぶりだった。’ 最新ムービーについてマッツ・ミケルセンは語る。この作品の時間は3分に満たないほどの長さにも関わらず、アクションや特殊効果満載です。映画は、コペンハーゲンにあるマッツのお部屋全体を、2人のボーコンセプトのインテリアデコレーターが模様替えをする間、マッツはワイルドな戦いで壁をぶち破ったり、ブックケースに激突したり、ガラステーブルに落ちたり、パンチをくらわせたりくらったりする。というもの。

プロを体験する

ハマー・ホイマルク率いる特殊効果チームDansk Special Effekt Serviceは、さまざまなプロダクションと仕事をしてきました。このチームは映画産業の中では世界的に有名で、「ハンガーゲーム」や「ミケランジェロプロジェクト」などブロックバスターのアクション映画のSFXを手掛けています。 ‘ボーコンセプトのムービーの様な、どんなに小さなプロダクションでも、特殊効果チームとスタントコーディネーターによる、しっかりとした準備が必要なんだ。ひとつのシーンでも、何回か撮影するために準備をしなければいけない。’ このムービーのディレクターでこの撮影スタッフを招集したデヤン・クキックは語る。‘マッツがガラスのテーブルに落ちた時は、その場にいたスタッフ全員が100%集中していた。短い作品でもたくさんの事が起こる。だからプロのトップクラスのチームと働くことはとても重要なんだ。’

 

50才とは思えない鍛えられた身体

‘今回のスタントはとても楽しかったよ – 50才になったんだけど、体を鍛えているから、こういったアクションをやるのはとても楽しい。’ コペンハーゲンでの撮影についてマッツは語る。マッツはプロのスタントコーディネーター、キンモ・ラヤラにスタントの指導を受けました。初めてマッツと仕事をしたキンモは感銘を受けました。‘マッツは率直で現実的な人です。身体能力が高く、きちんとアクションを見せる事に情熱を持っているので、プロのスタントマンと働いているようでした。私にとっても、本当に楽しいプロジェクトのひとつでした。’

配送と組み立て
12カ月品質保証
多機能デザイン
カスタムメイド